食べて笑って寝れたら花丸♡

心と体のこと、愛犬とのこと、主婦のひとりごとです

反抗期を迎えて思うこと

ワンちゃんの反抗期が始まりました。

 

あまり吠えることのなかった子が、急に吠えるようになりました。

 

警戒心も強まり、家族を守ろうとする気持ちも生まれたのか、テレビに映る男性を吠えるようになりました。

 

自分の影がパネルに映るだけでも吠えるし、気持ちを伝えたい時もクンクン言っていたのがワンワン吠えるようになりました。

 

以前からなんとなく、その兆候は感じていたのですが、まだ5ヶ月にもなっていません。

 

 

ネットの情報ではありますが、我が子は心の成長が少し早いようです。

 

鳴いたらごはんをもらえないのをわかっているのに、最近は小さな声で鳴いてみたり。

 

トイレも出来ていたのに、教えてもまた違うところでしてしまったり。

 

 

だけど、甘えん坊には変わりなくて、甘えたり、やんちゃになったりの繰り返しです。

 

ちょっと私の性格的に思い悩んでしまいましたが…成長している証拠なんですよね。

 

時期が来れば、また落ち着いてくれると思います。

 

 

私自身の反抗期が、よくわからない反抗期でした。

 

言い返したり、拒否反応が出たりしましたが、罪悪感を感じていました。

 

泣きながら拒否していたのを思い出します。

 

実家の家庭内に揉め事を増やしたくなくて、反抗したい気持ちと抑えなければいけないという気持ちで、思春期の頃の私の心は複雑なものでした。

 

自分が拒否したりすることで、親が悲しむのではないか。

 

親の気持ちになってしまうと、反抗するのはやめよう…と抑え込んでいました。

 

そんなことを思春期の頃にしていたものだから、20代になって反抗期のようなものが起きてしまいました。

 

 

だから、反抗期というのは、周りを戸惑わせてしまうものだけれど、必要な時期にくることが大切だと、今のワンちゃんを見て思います。

 

私に遠慮なく、反抗してくる姿を愛おしく感じます。

 

ワンちゃんが、私に気を使っていない証拠だから。

 

子供の頃に変に空気を読んだり、相手の気持ちを深読みしたりしないこと。(私がこれで苦しかった。)

 

これって健康的ですよね。

 

子供は、子供のままでよくて、そこまで空気を読まなくてよくて。

 

だって子供なのだから、無理だもん。

 

子供は子供らしくあればいいと思います。

 

 

だからワンちゃんにも、仔犬らしくいて欲しいと思います。

 

人間が話すのと同じように、ワンちゃんも吠えて当たり前で。

 

ただその吠える頻度と度合いがちょっと大きくなっただけ。

 

 

ご近所迷惑になったらどうしよう…と、すぐ不安になってしまう私。

 

早朝や夜遅くに吠えるわけではないし、吠える理由もわかっています。

 

完全に吠えなくするのは難しいことだけど、吠える頻度を減らしていく努力は、これからも続けていきたいと思っています。

 

 

反抗期って、親に色んなことを考えさせてくれる時期でもあると思います。

 

主人とも、こうしようああしようと、ワンちゃんのことを考えて話し合う時間が増えました。

 

あれがよくなかったから、今度はこうしてみようと、親として反省する時間でもあります。

 

気持ちや意志が犬にもあるのだから、反抗する気持ちがあって当然ですね。

 

 

今は、今まで通りに接して、愛情を今まで以上に注いで、見守っていることを伝えたいと思います。

ひとりごと

自分の気持ちを何でも言えたらいいのに。

 

ツンツンしていないで、本来の自分で今の気持ちを言えたらいいのに。

 

そしたら、お互いに嫌な思いをしなくて済むのに。

 

 

何で素直になれないんだろう。

 

もっと自分に正直になれたらいいのに。

 

可愛らしさもなくて、自分の嫌なところばかり出してしまうのだろう。

 

それだけ心がいっぱいいっぱいなのかな。

 

溢れそうなのかな…

 

だから、本来の自分でいられないのかな。

 

 

ツンツンしていたり、可愛らしさがないのも、自分が望んでいることではない。

 

本当は素直に言いたい。

 

だけど、何故だか棘のあるような私になっていて…

 

正直になれない。

 

 

素直になるのって、難しい。

 

人生の課題かも知れない。

 

 

そんなに気を張って、どうしたの?と自分でも思う。

 

もっと肩の力を抜いてって思う。

 

大丈夫、気にし過ぎだよって自分に言いたい。

 

 

もっともっと世界は広くて、そんなに生真面目にびくびくとしていたら疲れてしまうから。

 

一人で悩み過ぎたのかな。

 

涙が溢れそうで、顔を見れない、話せない時もあるんだよね。

 

嫌いと警戒

昨日、父から久しぶりに、私の家の近くまで仕事で来ているから、私達夫婦に渡したいお菓子があると連絡がきました。

 

父と会うのは、昨年父が怪我をして、母と病院に付き添った時以来です。

 

 

父はまだワンちゃんと会ったことがなく、会いたがっていたので、昨日はワンちゃんを連れて待ち合わせをしました。

 

 

まだまだ頑張って咲いている桜をワンちゃんと見ながら待ちました。

f:id:rii_ri:20210409101231j:image

f:id:rii_ri:20210409101238j:image

f:id:rii_ri:20210409101247j:image

 

私は父をずっと…嫌いだと思っていた。

 

嫌いだけど、平和を望む母の前では仲良くいた。

 

苦しかった。

 

だけど、心のどこかで、父を大事にしたい気持ちもあった。

 

たった一人の父親だから。

 

でも…憎しみの気持ちが私をいつも苦しめた。

 

親に対して、そんな気持ちになる自分を許せなくて、でも父が嫌で仕方なかった。

 

 

今、診療内科で、主治医に過去のことや生い立ちを話しています。

 

それから父に対する見方も、少しだけ変わりました。

 

今の私には、新しい家族がいて、実家にいた時とは違って、私は自由に生きている。

 

父に会いたいような、会いたくないような、複雑な気持ちでワンちゃんと待っていました。

 

心のどこかで、ワンちゃんがいてくれるから会えるのだと…思っている自分がいました。

 

 

父と会ったのは、ほんの数分。

 

父も仕事中だし、こんなご時世だから、お菓子を受け取り、ワンちゃんを父が見て喜んで。

 

その短い時間は終わった。

 

父がワンちゃんを見て、「可愛いな。じいじだよ。」と言った。

 

父は、会いたかったんだって思った。

 

わざわざ私達夫婦の為に、美味しいお菓子を届けてくれた。

 

いつものように、私達親子はそっけなくじゃあねと言って別れた。

 

 

父が運転する車の後ろ姿を見て、色んな感情が込み上げてきた。

 

そのまま歩くたびに、涙が出てきた。

 

こんな年齢にもなって、外で泣きながら歩くなんてと思ったけど、涙が止まらなかった。

 

涙を袖で拭いていたら、ワンちゃんがその涙をまた舐めていた。

 

だから余計に涙が止まらなかった。

 

 

過去と向き合っているから、色んな感情が込み上げてきて。

 

だけど、今の父は私が嫌いだった昔の父ではもうないようだった。

 

本当に嫌いだったら、話さなかったはず。

 

嫌いと思っていたけど、嫌いも関心の一つなんだよね。

 

嫌いなのではなくて、警戒心だったのかな。

 

自分に害を与えられるのが怖くて、私はずっと父に対して警戒していたのだと思う。

 

今もその警戒心は変わらない。

 

会うと思うと、体と心に力が入る。

 

 

父も今の私と同じように、若い時があったのだから、今と違って当たり前で。

 

過去にいつまでも捉われている私って…と思うけど、時と共に、人間関係も変わっていって。

 

色んなものの形が変わっていく。

 

 

親に対して、好きとか嫌いとか、そんな感情は私の中ではもうどうでもよくなっていて…

 

ただ親が自分の幸せを考えて、日々生きていてくれたらそれでいいと思えるようになった。

 

 

離れたことでわかること、見えること、気付かされることが沢山あって。

 

離れているから、相手を思えることもある。

 

父との距離感がわかったから、今後も私は前を向いて親の幸せを願うことができるような気がする。

 

今日は、生きてきた証

今日は、ワンちゃんの病院に行ってきました。

 

病院に行くと疲れるようで、帰ってきてからずっと寝ていました。

 

 

モヤモヤとする日々の中、ワンちゃんの病院ではありますが、一緒に外出できる時間がとても嬉しいです。

 

車内で話しかけながら、一緒に車に乗るのも楽しくて。

 

ワンちゃんとの時間は、日々のあれこれ…悩み事…モヤモヤを唯一考えない時間です。

 

ワンちゃんが元気でいてくれたら、それでいいって思えます。

 

生きるのが辛くなる時がありますが、ワンちゃんの為に今日も生きると自分に言い聞かせています。

 

ワンちゃんと主人と3人で、世の中が落ち着いたら色んなところに行ってみたい。

 

今でも行けそうなところは行ってみたい。

 

 

生きているんだから、もっともっと毎日を楽しんでいいはずで。

 

もっともっと気楽に笑っていていいはずで。

 

そんなに色んなことを抱え込まなくてよくて。

 

 

今の生き方で、人生が終わってしまっても後悔しない?と自分に聞くと、後悔するという答えが出ます。

 

もっと自分が生きてみたい生き方でいいのかも知れない。

 

そんなに悩まなくてよくて、辛くならなくてよくて。

 

一日に一つは楽しいことや嬉しい時間を過ごすようにして。

 

 

頑張って生きてきたから、今日がある。

 

色んなことを乗り越えてきたから、今日というプレゼントがある。

 

今日がくるってことは、生きてきた証なんだと、ワンちゃんと車に乗りながら思いました。

 

そう思うと、今日を大事にしないといけないなって思います。

 

生きてきたから今がある

今日は、家に母が来ました。

 

沢山のお土産を持って。

 

ワンちゃんのおもちゃ、私と主人へ沢山のお菓子。

 

 

私は、結婚をしたことで、実家のいざこざから距離を置くようになった。

 

だけど…巻き込まれることが沢山あった。

 

今、心療内科で、自分が育った環境と向き合い、思い出すことが沢山ある。

 

だからこんな私に育ったんだ。と、冷めた自分がいる。

 

 

でも、主治医と沢山話をしていくうちに、母に対して、両親に対して、実家家族に対しての見方が変わってきた。

 

見方は変わったけど、心の目はまだ変わっていない。

 

だけど、最近ワンちゃんを飼うようになってから、母が私の幼い頃の話をよくするようになった。

 

 

「あなたもこういう頃があったのよ。

 

あなたもそうだったでしょ?

 

そんな時はこうしてあげたじゃない。」

 

 

嫌な思い出しかなかったけど、私の記憶にないところで、母は私と沢山向き合ってくれていたのだと思った。

 

今の私とワンちゃんのように。

 

嫌なことだから、大きく覚えているのかも知れない。

 

でも嫌なことがほとんどだった。

 

きっと私の記憶にある頃のもっと前は、私と母は普通の親子だったのだと思う。

 

 

私がワンちゃんを大事にしたいと思うのは、自分がしてもらいたかったことを、ワンちゃんにしてあげたい気持ちが強いから。

 

私の幼少期は、心が苦しかったから、ワンちゃんには平和な環境で愛情たっぷりの中で安心して毎日を送ってほしいと思う。

 

 

母に会うたびに、昔の母の印象が薄れていく。

 

母も歳を重ね、変わったんだ。

 

人は沢山のことを抱えて生きてはいけないのだと思う。

 

自分の容量以上のものを抱えると、何かが犠牲になる。

 

その犠牲が、私だっただけなんだ。

 

 

今の母は、昔と違って、背景に沢山のことを抱えていない。

 

抱えていることは抱えているけど…昔とは比べものにならない。

 

この年齢にもなって、母が母が…と考えてしまうのもどうかと思うけど。

 

もう少し治療が進んだら、もう苦しいことを思い出さない日々がくるのかも知れない。

 

 

最近できた傷ではないから、そう簡単にはふさがらない。

 

だけど、今の生活がそんな過去をなかったことにしてくれる位幸せで。

 

生きてきてよかったなって思う。

 

生きてきたから今があって、今の大事な家族がいる。

 

生きてきたから、友人にも主人にもワンちゃんにも出会えた。

 

 

だから…今まで、今日まで生きてきた自分に花丸をしてあげたい。

愛犬のように生きる

私は昔から、鬱の波がくるようになってから、生きることに疑問を持っています。

 

楽しい時、そんなことは考えません。

 

だけど、心も体も疲れ切ってしまった時、生きることを色んな面から考えてしまいます。

 

生きる理由なんてあってもなくてもいいのかも知れないけど、生きる理由や意味が欲しくなる時があって。

 

生きる希望も欲しいなって思う時もあって。

 

このブログで、そんな気持ちを書いたこともあります。

 

 

私はちょっとしたことで落ち込みやすくて、でも落ち込まない時もあって。

 

スルーできる時もあれば、変に全てを受け止めてしまったり、偏った受け止め方をしてしまったり。

 

何故こんなにも忙しく、頭の中で考えて、心で受け止めているんだろうと疑問に思います。

 

もっと自分に都合よく受け止められたら現実違うのに。

 

自分の気持ちが楽になる受け止め方や考え方ができたら、毎日がもう少し楽になるんじゃないかなって。

 

自分のガチガチのかたいルールや常識に、縛られているからなのかな。

 

 

人間の寿命って、わからないから一日を大切に生きることができます。

 

だけど私は、寿命が決まっている方が、一日を大切にできるように思います。

 

きっと決められた中にいる方が、私って生きやすいんだと思います。

 

先が見えないことが、今の私にとっては不安要素なのです。

 

こんな風に考えると、偏っているのかも知れませんが、先が見えている方が頑張れることがあります。

 

 

ワンちゃんと一緒に暮らすようになってから、毎日沢山の刺激と発見があります。

 

とても無邪気で、自分の気持ちに正直で真っ直ぐで、素直なんです。

 

ケージに戻りたくない時は、お座りして悲しい顔をして、動こうとしません。

 

帰りたくないから、私にくっついて離れません。

 

なんて素直なんだろう…って思います。

 

嫌!と言わずに、悲しく切ない顔をして、こちらに訴えてくる仕草が、私の心をいつも動かします。

 

 

いつもごはんが楽しみで、楽しいことをいつも探しているワンちゃん。

 

ごはんを食べたら、笑顔になって、食事の時間も無我夢中で楽しんでいる。

 

不安なことや怖いこと、嫌なことがあったら、私に甘えてくる。

 

素直に感情を表現して、甘えることにも抵抗がない姿。

 

いっぱい動いて遊んで疲れたら、ぐっすり眠って、起きたらまた元気になっている。

 

 

私って、なんて複雑に生きているんだろうと思います。

 

ワンちゃんのように生きることができたら、どれだけ毎日楽しいんだろうって。

 

今朝も、私がモヤモヤと思い悩む中、ワンちゃんは目の前で転がりながらおもちゃを噛んで私を見つめてきました。

 

悩んでも仕方ないよって顔をされた気がしました。

 

本当にその通りで。

 

ワンちゃんみたいに、目の前の楽しみを追って、嫌なことがあったらごはんを食べることに集中して、目の前の遊びを思いっきり楽しんで、どんどん嫌なことを忘れてしまえばいいのかも知れません。

 

時々、いたずらをして危ないことをした時には注意をしますが、そんな時はちょっといじけた顔をするだけで、もう次の遊びに夢中になります。

 

そのスルー力と、楽しいことをどんどん探す姿が、本当に私にはないもので、足りないもので…。

 

ワンちゃんのように生きたいって、思いました。

 

人間ですから、全て犬のようには生きられませんが、気付かされることが多くて。

 

 

ワンちゃんは、私より寿命が短いから…その短い自分の人生を毎日楽しんで生きています。

 

見習わないとって本当に思います。

 

いつまでも過ぎた過去のことを考えていたり、嫌なことばかり考えて、目の前にある幸せをスルーしていたり。

 

食べて、遊んで、眠るという、当たり前のことを当たり前にしているワンちゃんって、すごいなって思います。

 

病院で痛い治療をした後は、ご褒美のごはんがあって。

 

私もそうやって、自分にご褒美をあげたらいいのかな😌

 

何か考え事があると、眠れない夜があります。

 

これがワンちゃんと人間の違いでしょうか。

 

だけど、寝て忘れるってことも大事なことなんだよね。

 

沢山動いて体を疲れさせたら、きっと夜はぐったりしてぐっすり寝てしまうのかな。

 

 

周りをよく観察しているけれど、自分の感情表現を忘れない姿は見習いたいです。

 

観察するのと、気を使うのは違うんだよね。

 

ワンちゃんはきっと、毎朝起きて一緒にリビングにおりて、私がお弁当や朝食を作る間、隣でおもちゃと遊ぶのが楽しみで。

 

ごはんを食べたら私と遊ぶのも、ごはんの後のお昼寝もお散歩も楽しみなんだろうなぁ😌

 

そうして終わって行く一日だけど、私のように気持ちが沈んで自分に疲れる日々を送ってはいない。

 

同じ一日なら、楽しい気持ちでいたいよね。

 

落ち込むし、不安で仕方ないけど…嫌なことは考えたくないし忘れたいし、私も毎日楽しく過ごしたい。

 

これから色んなことに振り回されてしまった時、ワンちゃんだったらどうするんだろう?と考えてみようかな。

ひとりごと

もっと素直になれたらいいのに。

 

気を使って言えなかったり、色んなことを考えてしまって、言葉にできなかったり。

 

大丈夫って言ってしまう時ほど、全く大丈夫ではなくて。

 

本当は、助けて欲しいと思っていることが多くて。

 

 

一人になると、涙が出たり、表情が暗くなって。

 

でも誰かの前だと、平気な自分を装ってしまう。

 

 

だから苦しくなるのかな?

 

だからいつも辛いのかな?

 

 

もっと自分に素直になって、伝えたいこと、甘えたいこと、頼りたいことを言えばいいんだよね。

 

一人でずっとモヤモヤと抱え込んで、相手にどう思われるかばかり気にして。

 

結局何にも変わらなくて。

 

 

一度の人生、こんな私のままで生きて行くのは辛いってわかっているのに。

 

毎日毎日辛いのに。

 

でもどうしたらいいのかわからなくて…。

 

でもどうしたいのかは、心のどこかでわかってる。

 

 

何でこんなに弱いんだろうって、自分を情けなく思うし。

 

人生やり直せるなら、もう一度やり直したいって思う。

 

毎日を楽しまないのも私が原因。

 

私の気持ちの持ちようなんだけど…

 

そのコントロールが上手くいかないから、苦しくてもがいてしまう。

 

 

本当は、どんなふうに生きたいかわかってるのに。

 

何でそうして生きていかないんだろうって…。

 

ただ臆病なだけなのかな。

 

 

何で助けて欲しいって言えないんだろう。

 

何で明るく振る舞って、自分を隠そうとするんだろう。

 

本当は、泣いて泣いて悲しくて、涙も出ないくらいに思い悩んで苦しいはずなのに、何で元気でいようとするんだろう。

 

私ってずっとこうして生きて行くのかな。

 

そんな自分に不満を感じる。